主任司祭 西川 哲彌(にしかわ てつや)

IMG_2082 コピー

6月に小雀(こすずめ)の話をしました。4ヶ月経ちますので、雀達の近況を報告いたします。

ステイホーム(家に、いなさい)の勧めに従って、まず、60歳代以上のものが外に出なくなりました。私もそうです。私の場合、ひたすら、教会にとどまり、教区本部から届けられるメールやFAXに一喜一憂する毎日でした。部屋の中からベランダを見ると、餌を求めてやってくる小鳥たちが目に入り、じっと見つめることが多くなりました。

腹を空かせた小鳥たちは、ベランダにまかれた「小鳥の餌」を夢中になってついばみます。しかし、窓を隔て、こちらにも注意を払い、ちょっとでも動くと、まるで、「逃げろー」という声がかかったかのように一斉に飛び立ち、去って行きます。厚い窓ガラスを通してこちらの動きがわかるのかなと思います。ほんの小さな動きにも、さっと逃げ去ります。視線という言葉がありますが、じっと見ると、視線を感じるかのようにです。

餌は、「小鳥の餌」です。餌に関しては色々工夫しましたが、これというものがなく、困っていたところ、ホームセンターのペットコーナーで見つけたのが、ずばり、「小鳥の餌」でした。

いつも、一番大きな袋(18キロ)に入ったのを買ってきます。小鳥全般に通用する餌で、「殻つき」と「殻なし」が同じ値段で売られています。原料は、六つのものが、適当な量でミックスされています。具体的にあげると、アワ、ヒエ、キビ、カナリアシード、赤アワ、ボレー粉(カキガラ)等です。

生まれて間もない小鳥から成鳥まで、どの小鳥にも通用する優れものです。贅沢といえば贅沢な餌ですが、大量に買えるのはこれ以外にありません。美味しいのでしょう。雀たちが、食べ飽きたという兆しは、今の所ありません。

毎朝、5時過ぎになると、雀達が、屋根や電線に止まって待っています。常連は、30羽ぐらいですが、時には40羽以上がやってきます。前のように、ヒヨドリやカラス、それに鳩の軍団が来るようなことはありません。もっぱら雀たちです。時々、鳩の夫婦が来ますが、雀に圧倒されてしまっているようです。

私の存在を察知して一斉に飛び立つのは見事です。独特の音がします。そしてまた、3羽、5羽と帰ってきて餌を食べ始めるのです。7時30分ごろ、私は聖堂に入ります。そのあとは知りませんが、多分、餌タイム到来ということで、心置きなく、ついばんでいるのでしょう。食べ終わったら、自分たちが寝ぐらにしている木に帰って、囀ったり、子供の世話をしたりしているのでしょう。

ところで、つい最近、雀たちにとってショッキングな事件が起きました。その寝ぐらが、破壊されてしまったのです。その木は、教会のすぐ隣にある団地の木でした。こんもり茂っていて、雀にとって、安全で隠れやすい木でした。その木の中で自由にさえずり、卵を産み雛を育て、飛び込んで難を避ける避難所にもなっていたと思います。

先月の中頃でした。トラックに乗った数人の男たちが、団地の木にハサミを入れ始めたのです。団地は、「都営松山一丁目アパート」と言い、自動車が走るような道路を挟んで、第一棟から第三棟まである巨大な団地で教会に隣接しています。雀たちの家だった木は第一棟の端っこ、つまり教会から、わずか10メートルほどの距離です。

枝の刈りあげ作業は約二週間続きました。二棟目の建物を刈り上げていた時は雀たちは、まだ、いつもの木に帰って、いつものように、思いっきりさえずっていました。ところが、作業の波が、第一棟にきたのです。そして、二人の男、もちろん、植木職人さんですが、大きな脚立を立て、雀の木を刈り始めたのです。あっという間でした。こんもり茂っていた木は、枝を数本残して何も無くなってしまいました。

団地の木は、まるで、長髪を刈り上げるように切り払われてさっぱりしました。何年かに一回、そのような枝払いがあるようです。そうでもしないと、建物の隅々に太陽が届かない状態が続くからです。それはそれでいいのですが、雀たちにとっては、いささか迷惑な話でした。見ていると、パッと逃げ出す時、間違って、元の木に向かって行こうとして、何もないので、方向を第二棟の方に変えて飛んで行くのが見えました。

後で夕方、団地の中を歩いて、雀の声のするところを探してみましたが、どこにも声がしていませんでした。おそらく、かなり遠いところに、宿になる木を見つけたのでしょう。それにしても、今まで使っていた宿があまりにも便利で、よくできていたと思います。どこで休んでいるのかわかりませんけど、相変わらず、「小鳥の餌」を食べにくるのですから、かわいいです。見てると、兄弟喧嘩のようなこともするし、弟や妹の面倒を見たりしています。私が動けば、一斉に飛び立つので、新聞を端から端まで読んだりして、動かないようにしています。雀の食事タイムには気を使います。

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa-2