主任司祭 西川 哲彌(にしかわ てつや)
DSC_0030

先週の月曜日は大変な日でした。

まず、午前中に教区の健康診断がありました。一年に一回、東京教区で働いている人の身体検査の会が実施されます。教区の職員及び司祭、修道者のために、教区が、人間ドックのような装置と陣容を揃えて検査を行います。

身長、体重から始まって、聴力、視力、血圧、採血、心電図、内視鏡検査もします。さらに胸部と胃のレントゲン写真をとりますので、その時の体の状態は、だいたい分かるというわけです。胃の検査は、バリウムを飲んで宇宙遊泳のように体を動かす装置に入ってレントゲン撮影をするのです。やったことのある人にしかわからない不思議な検査です。

その身体検査を受けるために、前日からそれなりの準備があって大変です。もう何十年もやっていますので慣れていますが、それなりに緊張して当日を迎えました。検査が終わると、バリウムのために下剤を飲んだりして、後始末もしなくてはなりません。でも終わればホッとします。

それが終わって、私は、まっすぐ、教会に帰って、簡単に昼食を済ませ、予定通り車に飛び乗り、2時40分の上映時間に間に合わせて走ったのです。それはミサ後のお知らせにあった『人生をしまう時間(とき)』を観るためでした。

住所は聞いていたので、カーナビを使って指示されるままに走りましたが、すぐ近くに着いていながら、その映画館がどこにあるのかわかりません。ともかく車を駐車場に入れて、大きな建物をウロウロしているうちにわかりました。

幾つかの食堂やディスカウントショップ、ゲームセンター等が詰まっているビルの4階にその映画館があったのです。その映画館は、シネコンといって4階のフロアーに複数の劇場を持っているタイプの映画館でした。その一つで『人生をしまう時間(とき)』をやっているのです。切符を買って入りました。中はガラガラでした。というより、パッと見て、20人余りの人が入っているだけでした。

映画が始まりました。新座市の堀ノ内病院、そこでやっている在宅死を看取る訪問医療の200日の記録、この映画なのです。看護師さんと医師、それにケースワーカーがチームを組んで、重篤の患者さんの家を訪ね、診察したり、アドバイスをしたりする姿がそのまま映されていました。

まったく、お恥ずかしいことに、始めの30分くらい見て寝入ってしまい、目を覚ましたのは終わりの15分くらいのところだったのです。つまり、前日以来の疲れと、初めてのところに行くための緊張感で起きておれなかったのです。がっかりしました。さらに、次の回は7時25分でした。5時間後です。それも、また新しく切符を買わないと入れないのです。くたくたでしたのですぐあきらめて教会に帰りました。

翌日、火曜日、再度、チャレンジしました。つまり、再度、「ユナイテッド・シネマ新座」に行って、再度切符を買って観てきたのです。観た後で、映画館がどうなっているのか、そのビルにはどんな店が入っているか、駐車場はどう入れば簡単かなど、歩いて学習しました。店も食堂も、それに映画館もあまり人が入っていません。おそらく土曜日曜、そして祝日には人で溢れるのだろうと想像しました。

映画は感動的でした。小堀医師、堀越医師、チームを組んでいる看護師の方、そして共同作業に当たっているヘルパーさん、ケアマネージャーさんの献身的な対応は見事でした。200日もかけて制作に当たったNHKの下村幸子さんに「ご苦労さんでした」とねぎらいの言葉を贈ります。目の前で息を引き取り、そばを仕切って家族の方々を支えている両医師に敬意を表します。「誰でも、いつかは行くんだよ。その時家族がよく頑張ったねと声をかけてあげることが大切なんだよ」と言う小堀医師は素晴らしいです。80歳と言いながら、その立ち居振る舞いは板についていて、舞台役者のようでした。私も、40年あまり司祭をやってきて、数かぎりない方の最後を看取ってきましたが、いつもおどおどして、なんとかお送りするのが精一杯でした。小堀医師の爪の垢でも煎じて飲みたいくらいです。

この映画のもう一つの素晴らしいシーンは、伊藤淳神父さんの映像でした。患者さんが、たまたまカトリックの信者さんだったので、小堀医師の要請を受けて「病者の塗油の秘蹟」を授けるシーンが入っています。そのシーンは、この映画を一段と引き締め、荘厳な印象を与えました。伊藤神父さんはまるで俳優さんのごとく、何の戸惑いもなく堂々と祈り、秘蹟を執行されていました。おそらくこの映画を見た人は、とてもいい印象を持たれることでしょう。いい宣教になっていると思います。このシーンを見るだけでも、この映画を観る価値があると思います。エンドロール(映画の最後のところ)にしっかりと、清瀬教会 伊藤 淳 神父と出ています。

観客が少ないと打ち切られるということですが、少なくとも21日まではやっていると思います。場所は新座市中野2−1−38、ユナイテドシネマ新座です。JR新座駅からタクシーで、すぐです。よかったら観に行ってください。

図1