主任司祭 西川 哲彌(にしかわ てつや)
DSC_0030

先週は好天に恵まれて教会バザーが終了しました。「毎年やっていることなので慣れてはいますが、その年その年に、初めて経験するようなことがありますので大変です。でも、なん度やっても面白いし、楽しんでいます」と渡部委員長さんがおしゃっていましたが、そばで見ていると、いろんな準備作業と、後片付けがあって、大変な行事なんだということがわかります。

「バザー委員会」という名の準備会が開かれ、最初からきめ細かい打ち合わせが行われます。第一回は7月21日でした。1地区から10地区まで、各地区から選出されたバザー委員が集まっての話し合いです。教会委員長の司会で、バザー券のこと、出店を予定している方々からの申し込み、それに、バザー当日の会場設営に関することで、委員さんの意見が出されました。思いついたこと、ちょっと気が付いたことが出ますのでまとまりがなさそうですが、結果的には無駄な意見は何一つなく、バザー本番で生かされていたように思います。

バザー券はお楽しみ券で、バザー当日の抽選でささやかなプレゼントが贈られます。収入の大半は、フィリッピンのミンダナオ島の小さな学園の生徒の奨学金になります。それだけではなく、出店の売上金もその子供達に送られます。8月、9月は、信者が集まるとバザー券の話ですし、バザー委員の出番です。教会の掃除の後、お茶会がありますが、そこがバザー券を買って頂く大事な場にもなっています。 バザーは、出店で成り立っていると言っていいくらい、お店で、教会の敷地が埋め尽くされます。何しろ、さほど広くない敷地に、20近くの店が立つのですから壮観です。それぞれ、買ってもらえるように、食べて喜んでもらえるように工夫されていますから、まさに「バザール」そのものです。 教会の敷地に入ってまず目につくのはフィリッピン人共同体(KFCC)の焼き鳥屋さんです。前日、1日がかりで支度された焼き鳥が煙を立ててお客さんを呼び込みます。聖堂の前は古着屋さんで女性たちが群がっています。「今年はいいものが出されたので好評でした」とおっしゃっていました。そのほか、おでん屋、焼きそば屋、よろず屋、かなの家の石鹸、聖ヨハネ会のお菓子やパン、ドンボスコ社の聖具、パッチワークグループの作品、持ち歩きながら売るカレンダー屋さん、これも持ち歩いて売る日曜学校のジュース屋さん、図書室でのコーヒー屋さん、プロの味ボーイスカウトのパスタ、おなじみランチグループのカレー、そして、会場を和ませる「ほろ酔い酒場」等々。

「神父さん、何か店を出しませんか」と声がかかりました。「前任の伊藤神父さんは、ご自分のお店を出しておられましたよ」と。その時は、「いいえ、今年は見せていただこうと思ってますから」と答え「そうですか」で終わっていたのでした。それが、バザー前日になって、ふと、一人でやれる、何かないかと思っているうちに、本屋でもやろうかと思って、委員さんに話しました。

「出店される方は早めに申し込み、内容と、必要なものを書いて出してください。必ず、早めに出してください。」と、何度も、お知らせで指示が出されていたのに、思いつきで直前に口頭で申し込むのはいけないな、やっぱりやめておこうと思いとどまりました。そんな時、委員さんと信徒ホールの入り口で出っくわしたので「本屋さんをやろうかと思いついたのですがいいでしょうか」と言ってしまったのです。「ああ、いいですよ。どうぞどうぞ」という答え。

前から、作業台に使おうと思って地味な色を塗ってもらっていた、組み立て式のテーブルをルルドの前に置いて準備は終了。当日、本を運んで、テーブルに並べ、日曜学校の赤井校長に「本屋」という小さな看板を作ってもらって形は整いました。本の内容は、一昨年、司教団が出した増補新版「いのちへのまなざし」と、一昨年、中央協から出された「今こそ原発の廃止を」でした。中身は濃いが、ちょっと硬い部類なのでどうかなと思いましたが、案外売れました。ほかにも、持っていた本を何冊か並べましたが、半分くらい売れました。本屋の片付けは、売れ残った本を袋に入れることと、組み立て式のテーブルをばらして納めるだけで、10分ほどですみました。

バザーが終わって全体の片付けに入りました。テントの収納を始め、組み立て式のテーブルの収納は、慣れたもので、順序よく作業が進められました。準備には時間がかかりましたが片付けはあっという間でした。流れるように、組み立て機材が倉庫に収まり、ゴミが市の収集方式に合わせて袋に詰められ、建物、敷地が元どおりになりました。たいしたものです。

反省会が信徒ホールで行われました。この日は、市で、いろんな行事があって外からの参加者が少なかったが、いいバザーでしたということでした。私もいろんな教会でいろんなバザーを見てきましたが、やってる人も楽しみながら、初めての方々を暖かく迎えるアットホームな、いいバザーをやってるなーと思いました。

図1